生理痛の症状の差は何なのか?

生理痛の多くは子宮内膜で作られるプロスタグランジンと呼ばれるホルモンが原因とされています。
プロスタグランジンは生理が始まる少し前から生理中にかけて分泌が行われて、子宮を収縮させて血液を対外に押し出します。
また、それにより痛みを感じさせやすくする働きがあり、ホルモンバランスが乱れるとプロスタグランジンが過剰に分泌されて生理痛が激しくなります。

プロスタグランジンは身体が冷えると多く分泌されるようになります。
身体が冷えると全身の血行が悪くなり、痛みの原因となるプロスタグランジンが多く分泌されます。
また、下半身の血行不良が起こると骨盤内に血液が溜まり、その血液が周りの神経を圧迫するので腰付近に痛みが発生します。

日常生活に支障をきたすほどの生理痛に襲われた場合は、病気が原因になっていることも考えられます。
生理痛が主な症状の病気は、子宮内膜症や子宮内膜ポリープなどが挙げられます。

生理痛の悩みを抱えている人は女性全体の8割にもなると言われています。
残りの2割の女性はホルモンバランスが正常な状態で整っていると言えます。
ホルモンバランスが整っている人は規則正しい生活を送っている人や、ストレスを溜めにくい性格をしていたり、適度な運動やバランスのいい食生活などが挙げられます。
また、子宮口が広い女性や身体が冷えにくい女性は生理痛が起こりにくいとされています。