喫煙とピルは相性が悪い

タバコが身体にとって悪影響であるというのは誰もが知っている常識になりつつありますが、タバコに含まれているニコチンは依存症が高いのできっかけが無いとやめられない人も多いはずです。
タバコの煙には発がん性物質が大量に含まれているので、肺がんなどのリスクが非常に高くなる他脳卒中や心筋梗塞の原因にもなります。
またタバコを吸うと血液の流れが悪くなり、皮膚にハリがなくなり目じりや目の周りにシワができます。
口臭の原因や歯の着色なども付着されるのでより老け顔を加速させてしまいます。

この様に身体に悪影響が多い喫煙ですが、女性が低用量ピルを服用する場合血栓症などの副作用が通常時よりも高くなる可能性があります。
低用量ピルには卵胞ホルモンの成分が含まれていますが、この成分が血液の中に増えると血液が固まりやすくなる特徴があります。
血管の中で血の塊ができてしまい、血液の流れが悪くなるのが血栓症です。
血栓症になってしまうと、話がしにくくなってしまう他手足がしびれてしまったり、むくみが現れたりします。
また、突然に頭や胸が痛んだり、息が苦しくなるなどの症状が挙げられます。

喫煙者は血液の流れがもともと良くないので、低用量ピルの副作用である血栓症が加わることで相乗効果が現れてしまい、症状が悪化してしまいます。
低用量ピルの取扱説明書などにも、35歳以上で1日に15本以上のタバコを吸う女性には低用量ピルを勧めてはいけないと指定されています。
もし将来の健康への影響や副作用について考えるのであれば、低用量ピルについての検討の他に禁煙についても取り組んでみる事が大切です。
低用量ピル女性の強い味方になるので、それが利用できない可能性があるというのは凄く勿体ないです。
自身の身体の為に何ができるかを今一度考えてみましょう。