低用量ピルとアフターピルの違いは何?

低用量ピルは決められた量を期間に従って飲み続けることで避妊効果や様々な恩恵を受けることができるピルです。
ピルといえば低用量ピルですが、実はそれ以外にもピルの種類が存在します。
それがアフターピルと呼ばれるものです。

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれていて、事故などで避妊が上手くいかなかった場合に服用するピルです。
受精卵の着床を防ぐためのピルで、避妊に失敗してから72時間以内に服用することで妊娠を防ぐことが可能になります。
アフターピルは産婦人科などの病院で処方してもらうことで入手することができます。

アフターピルには2種類あり、プラノバール錠とノルレボ錠があります。
プラノバール錠はヤッペ法とも呼ばれていて中用量ピルを使用した緊急避妊薬です。
服用の方法として性行為の後の72時間以内の服用によって必要なホルモン量を摂取するために2錠服用します。
そして、その12時間後に追加で2錠服用します。
ノルレボ錠は性行為から72時間の内に1錠服用します。
プラノバール錠は緊急避妊薬としての承認がされていませんが、ノルレボ錠は緊急避妊薬として承認されています。
なので現在ではプラノバール錠を使用する手段が減少してきています。

アフターピルは保険適用外なので自費治療になり、自由診療なので医療機関よって料金が違います。
アフターピルを服用したい人はあらかじめアフターピルの金額を調べておくと良いかもしれません。