ピルを服用すると髪の毛が増える?

ピルには2種類の合成女性ホルモンが含まれていますが、その内の卵胞ホルモンが身体に補充されると、その効果によって髪の毛に育毛効果が促進されて薄毛の患者さんの毛量が増加したケースがあります。
更に通常の人と比較してもより太く丈夫な毛髪が育ったと記録されています。

多くの人は毛量が多い方が良いと思われます。
例えば更年期障害の症状が安定してきたのでホルモンの補充療法を停止した場合、今まで補充されていた卵胞ホルモンの作用がなくなりそれまで受けていた恩恵を受けられなくなります。
そうすると抜け毛が増えてしまい、この点だけを見て卵胞ホルモンの摂取により抜け毛が増えたと錯覚する人もいます。
そうではなく、卵胞ホルモンのおかげで今まで通常以上の育毛効果を得られていたということになります。

若い頃のダイエット中に薬を使っていたとして、それの使用とダイエットを止めたら太ってしまった場合、それは薬の副作用とは言えません。
ちゃんとした医師の診断の下で使用をすれば誤った効果や誤解を受けることはありません。
もし抜け毛が気になるなら、徐々に使用量を減らしていきピルを別のものに切り替えていくなどの工夫により抜け毛の増加を抑えることもできます。
薄毛の治療院では卵胞ホルモンの効果を狙ってホルモン剤を処方するケースもあります。
なので、更年期などで薄毛に悩む方は病院に行って診察を受ける事をオススメします。
近年ではインターネットで様々な情報を見ることができて、中には真偽が定かではない情報を手にしてしまい失敗してしまうケースも少なくありません。
下調べをすることは大事ですが、専門家の信頼たる情報になるので面倒くさがらずに行動してみましょう。