アフターピルの偽物には細心の注意を!

避妊に失敗してしまった時にはアフターピルを使用しますが、種類によっては日本で販売されていないものもあります。
主な購入方法は病院で医師に処方してもらうか、個人輸入で購入するしかありません。
低用量ピルの解禁を受けてピルを扱っている病院は増えてきましたが、アフターピルに関しては処方しているクリニックも限られています。
緊急避妊薬としての需要があるアフターピルを緊急時に持っていないというのは少し不安になるかもしれません。

日本人の意識として医師から処方された薬にはある程度の信頼があります。
しかしアフターピルは日本の病院では扱っている場所が限られているので、必要になってから慌てて病院を探すというのはなかなか現実的ではありません。
なので、個人輸入で入手しておくのが賢い方法かもしれませんが、少し落ち着いて考え直してみてください。
そのアフターピルは本当に安全で避妊効果が保証されているものか調べ直してみてください。
実は出回っているアフターピルの約半分は偽造品だったりします。
アフターピルは主に海外で主流ですが、その中で日本で本物のアフターピルを入手できる確率などを考えてみると、想像より低いことがわかります。
購入は自己責任になるので、少しでも本物を得られる確率を上げるためにも、評判のいいサイトを探すか個人輸入代行サイトを利用することをオススメします。
個人輸入代行サイトは面倒な手続きを省いて日本語で手続きが済むので非常にオススメです。
中には偽物を取り扱うサイトもあるので、しっかり評判や口コミなどを調べて信頼できる代行サイトを見つけましょう。
頻繁に連絡を取る業者であるか、返品が可能かどうかなどの判断できる材料は意外と見つけられるので利用する場合は、しっかりサイトの情報を確認しましょう。